2013年01月13日

第1局 阿部光瑠四段 vs 習甦 対局者紹介

★阿部光瑠四段

現行の3段リーグ(上位2名がプロになれる、試験のようなリーグ戦です)が始まって以降、3番目の若さである、16歳5ヶ月でプロ入りした天才棋士。持ち時間40分の朝日杯将棋オープンでは森内名人を破るなど、大器の片鱗を見せています。居飛車の本格派。

☆習甦

世界コンピュータ将棋選手権第5位。市販最強ソフトと謳われる激指を破っての出場権獲得です。コンピュータ将棋の世界は2006年にボナンザが革命を起こしましたが、ボナンザの後に活躍し始めた新世代の将棋ソフトです。




posted by FUJI at 18:10 | Comment(0) | 第2回将棋電王戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。